20数年間の夫や家族との生活に別れを告げる、

50歳過ぎてから離婚をしてしまった女性です。 
家族は子供二人が居りましたが長女はアメリカ人と結婚してアメリカ本国へいってしまい、長男は大学卒業してからは東京へ行ってしまったきり実家には戻ってくる気配がありませんので、その後は夫と二人ぐらしでありました。

其の夫と言うには仕事一筋といってしまえば聞こえはいいですが、家庭内のことは一切行わず子供の教育や育て方にも一向に無関心のようで、例えば長男が学校で問題を起こして不登校と言うか登校が一時的に停止になったときも、私自身のみが懸命になって学校側と接触し、なんとか卒業することもできたのです。

そんな夫は、元より話し下手で口汚く、すぐに相手を罵り、最終的には子供の育ちが成ってないのはお前のせいだ、とかしょっちゅういいますし、お酒を飲んだ後も酔うと暴力を振るうことも有りました。 

そして、結果として子供たちも私自身も夫を見る目は親子の関係ではなく、妙に遠慮しながら敬遠していたような気もしていたのです。 そんなことの理由も有って子供たちは物心ついてからは、さっさと家を出ていってしまったというのが本音のところでした。

そんなことが常態化していた日常生活で、子供が家を出て2年ぐらいしてから私は夫が浮気というのではないでしょうが夜の女、風俗関係の女性としょっちゅう遊んでいるのがわかったのです。 お金を出して遊んでいるのですから不倫や浮気ではないことはわかっているのですが、 元より私自身との夜の生活はもう既に10数年にわたってまったくなかったのです。 これは夫婦生活で異常といえば異常の状態ですよね。

そんなことで、私はある日リビングで珍しく二人でテレビドラマを見ている時に、ドラマの内容も離婚問題を扱っていたので、私は何気なく夫に向かって、「子供も無事巣立ったことだし、私達も離婚してみましょうか」と極く自然に口に出してみたのです。 すると夫はチョット考えた挙げ句に、「そうだな、暫く夫婦らしいこともしていないし、離婚してみようか」という返事が帰ってきたのです。

私自身は以前から其の気があったので、早速、子供に連絡をして了解をもらい、市役所に行って離婚届の用紙を戴いて、私自身のことや子供たちのこと記入して夫に見さたら、夫は殆ど無反応で判を押してくれたのです。 此処に20数年間に及ぶ夫や家族との生活に別れを告げることができたのです。

離婚前に、離婚弁護士である本橋総合法律事務所のHPも見ましたが、自宅は夫の会社の社宅住まいであったし、預金関係も共稼ぎであったので其々に生活費を出し合い、各々の預金名義が有ったので、従って、離婚に関して財産の分与などというものは殆どありませんでしたので、案外、離婚は揉め事もなく気楽にできたと考えております。
私自身は、現在の家から出まして両親二人だけが住んでい田舎の実家へ帰ることに成ったのですし、結果として暫くは両親の面倒見るということになったのでした。