月別アーカイブ: 2017年2月

終活にはエンディングノートを活用しています

一時期、エンディングノートがブームになっていましたが、最近はあまり見かけなくなってしまいました。しかし、エンディングノートを書くことは自分の人生の終わりに必要なものだと思うので、コクヨのエンディングノートを手に入れて書くようにしています。
一度に全部を書いてしまうのは無理なので、少しずつ、書きやすいところから書くようにしています。私は一人娘で一生独身なので、私が死んだ後、仏壇の世話や私が持っているものなどはどうなってしまうのだろうと不安になってしまいます。そこで、エンディングノートにどうして欲しいのかを書いておけば、私の死後、整理をしてくれる人には便利なのではないかと思うのです。
私は胃の4分の3を切除していますし、胆囊も切除していますし、低血糖で、うつ病なので、いつ何が起こるかわからないので、その時のために準備していた方がいいと思います。
最近はあまり物を増やさないように気をつけています。私は物を持ちすぎているので、できるだけ減らすようにしています。売れそうなものはヤフーオークションに出品して売るようにしていますし、友達にあげたりしています。
就活をしていると、エンディングノートはもしもの時にとても役に立ちそうだな、と思います。
取引している銀行口座やクレジットカード番号を記入したり、自分の死を知らせて欲しい友達の連絡先を書いたりするので、本当にもしもの時に役にたつと思うのです。
終活には遺品整理を生きているうちにすることだと思います。たくさん持っているものを整理して、本当に必要なものだけ残して、あとはきれいさっぱりに手放してしまうことが大事なのではないでしょうか。家族がいないので、誰が私の死後を整理してくれるのかわかりませんが、その人のためにもエンディングノートに必要なことを記入して、できるだけスムーズに遺品整理ができるようにしたいと思いますし、連絡して欲しい人を明確にすることができると思います。